Main
<< トランペットで平和構築 アキラカテレビ2月2日の様子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
バレンタインデーをエコシフトしよう
今年のバレンタインデーは環境NGOも国際協力NGOも気合い入ってますー。
上は児童労働をなくすため活動しているNGO、ACE(エース)の岩附さんです。ガーナの子どもたちを助けるプロジェクト支援つきのオーガニックでフェアトレード、てんとう虫が目印の「しあわせへのチョコレート」を500円で売ることにしました。そして下はチョコレボ実行委員会の星野智子さん。こちらは、オーガニックでフェアトレード、かつ有名ショコラティエとコラボしたオリジナルチョコです。



ACEは恵比寿の「ゆとりの空間」本店でイベントもします。
岩附さんと、星野さんと一緒にマエキタも出演します。
もしお時間とお気持ちがあったら、ぜひぜひ、いらしてください。

--

『しあわせへのチョコレート HAPPY☆CHOCO☆TALK』
2月11日(水)(恵比寿@「ゆとりの空間」恵比寿本店)
18時30分〜20時30分
5000円(寄付とディナー含む)
連絡と申し込み先:event@acejapan.org

☆★☆☆☆---------------------------------------------------★☆
    ACE しあわせへのチョコレート プロジェクト 
         HAPPY☆CHOCO☆TALK
     マエキタミヤコ×星野智子×白木朋子
   『チョコレート選びで世界が変わる』って、ホント?
--------------------------------------------------------☆☆☆★☆

あなたは、バレンタインにどんなチョコレートを選びますか?

一箱100円のものから数千円のものまで、チョコレートは値段も、質も、味もさまざま。
いつもの身近なチョコレートも、ヨーロッパの有名ショコラティエの手によるチョコレートも、ベースとなる原料は、カカオです。

ではもし、このチョコレートの原料カカオを作っているのが、西アフリカの子どもたちだとしたら?
生産者の家族がカカオの生産で十分な収入を得られず、子どもたちを学校に行かせられないとしたら?

遠い西アフリカの出来事が、実は私たちの身近な暮らしとも、つながっているかもしれません。

このトークイベントでは、社会的な広告を創りだし発信しているクリエイター、マエキタミヤコさん、「チョコを選べば、世界が変わる。」というキャンペーン“チョコレボ”を立ち上げた星野智子さん、そしてガーナのカカオ生産地で現地調査を行ってきた、ACEの事務局長、白木朋子の3人にお話をしていただきます。

会場は、料理家・栗原はるみさんがプロデュースするレストラン「ゆとりの空間」。販売数約1000万部を誇るレシピから生まれたお料理をいただきながら、チョコレートから広がる世界をちょっとのぞいてみませんか?

会場ではフェアトレードチョコレートも販売いたします。

■日 時 2月11日(祝日・水)18:30〜20:30 (開場18:00)

■会 場 ゆとりの空間 恵比寿本店  http://www.yutori.co.jp/
(JR山手線・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩5分、TEL 03-3770-6800 )

■参加費 5000円 (ディナー<前菜からデザートまで>、ワンドリンク付き)

■申込み
2月5日までに、event@acejapan.org まで件名に【2/11 happychoco】と記入し、
お名前、参加人数、連絡先(電話、住所)を記入してご連絡下さい。
追って、支払方法等をご連絡いたします。
*会場の都合上、先着40名様で申込み締切とさせていただきますので、ご了承下さい。

■主催・問い合わせ
(特活)ACE(エース) TEL:03-3835-7555 担当:岩附(いわつき)
 http://acejapan.org (ウェブサイトにてフェアトレードチョコレート販売中!)
| - | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:54 | - | - |
コメント









トラックバックURL
http://maekita.jugem.jp/trackback/4
トラックバック