Main
<< エコヴィレッジ・デザイン・エデュケーション 美しくワイルドなソプラノ。雨谷麻世(あまがい・まよ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
汚染米と国政調査権
授業参観.jpg

先週ある(小学校5年生の下の子)の学校で授業参観があったから行って来てびっくり。
授業の内容が「汚染米」。

あらー、近ごろの小学校の先生ってインターネットを駆使して、まるでフリージャーナリストか国会議員のように調べて、さらに子どもたちに分かりやすく説明するという、時事ネタの授業をしているのね。さすが和光。

汚染米1.jpg

もともと和光の5年生は「お米」が1年間のテーマ。そこにこの事件。それを取り上げるだけで、小学校の授業参観がこんなに面白くなるとは思わなかった。
授業はクイズ仕立てで進むので、お母さんたちにも大ウケ。知らなかったー、これは大人でも面白い、と写真をとったり、メモったり。

最初は3種類のおかきの写真。「さてこれに共通していることがあります。それはなんでしょう」。答えは「自主回収中の商品」。その次に出てきたのは、ふつうのお米の値段と汚染米の値段の違い。ふつうのお米が1トン9万円のところ、汚染米は1万1000円なんだって。間に入っている業者も、三笠フーズ→ノノガキ穀販→浅井と複雑、という説明。授業で先生が子どもたちに配る資料は「毎日こども新聞」の切り抜きコピー。ふりがながふってあるから、誰でも読める。

先生は次々と子どもたちに質問。「なんで買う方は気がつかないのかな」「洗ってあるから」「粉になっているから」。
私もちょうどその日の朝、三笠フーズの宮崎一雄顧問をめざましテレビが直撃していて「あきれた発言」とテロップを出していたのを見たところ。「間にたくさん業者を入れるのは、調査のとき困るからに決まっているだろう」。あーあ、開き直っているのか、それとも別のとこかに憤りの対象があるのか。

不思議な、農水省と厚生労働省と内閣府の実名発表合同記者会見の様子、というのもテレビでやっていました。コピーが数部しか用意されていないし、何を聞いても話す人がわからなくて、いちいち担当者に聞かないといけなかったり。結局、横流し24府県375カ所の実名を農水省のHPで発表、なんだけど、間違えが多くて、その夜になっても発表できなかったそうです。

授業の到達点は、「さあそれでは、なぜこういうこと(汚染米の転売)をするのでしょう」。
子どもたちが、はーい、はーいと手をあげる。さされたあるがひと言。
「おかねもうけ」。

そうだよね、お金を儲けることは家族を養ったり大人にとって本来いいこと大事なことなんだけど、行き過ぎて、人に迷惑をかけたり、みんなや自分の健康まで損なうほどの、不自然な、無理な「おかねもうけ」になっちゃうとダメなんだよね。ところがこの塩梅が、もはや崩れている、日本という社会。特に「食べものやカラダや健康」に関して、ひどすぎ。みんな自然の摂理がわかってなーい。ニンゲンは自然の摂理をもっと大事にしたほうがいいよー。もっと「おいしい、好き」というニンゲンらしい気持ちを大事にしたほうがいいよー。

あ、それともうひとつ昨日のニュース。カビ米から作った「島田化学工業」の米でんぷんが入ったオムレツが学校給食に使われたという記事。まず千葉県で学校給食の卵焼きに128校で6万食、長野市で厚焼き卵26の小中学校で3万食、今日は兵庫・加西市の幼稚園や小学校15校の1万6530食、愛知県の37市町村の457校で45万食、三重県の3市町の56校・園で去年9月から今年2月までののべ2万9000食。
あーもう、これでは、新聞記者も、官僚も、一般市民も、絶句。
しかもニュースが刻一刻と更新されているので、これだけダイジェストするのでも、大変。
そのうちどこかのテレビ局がチャートにするだろう、とみんな思っているでしょうけど、私はきっと無理だと思うなー。

米でんぷんを作る新潟県長岡市の「島田化学工業」→静岡県磐田市の「遠州米穀」→東京都目黒区の食品加工会社「すぐる食品」→冷凍オムレツを仕入れた「愛知県学校給食会(豊明市)」

日頃フードマイレージの普及活動をしている私はどうしても、あいだにいろいろ会社がはいっているのが無駄に思えてしょうがない。もちろん手分けをすることで、リスクを回避したり、雇用を増やしたり、メリットも多いのだろうけど、本当にそのバランスが健康な財政として成立しているのかしら。

もうみんな、疑わしいものを食べるのは、やめようよ。
疑わしくなくても安い食べものは、あるんだよ。
お金がないから、カラダにいいものは食べられない、とあきらめるのはやめようよ。
安心して食べられる白いご飯、一杯30円。お漬け物、50円。合計80円。
ほら、みんな食をエコシフトしようよ。こっちの方が、よっぽど安心だよ。

いつのまに、そして、どうして、日本はこんなに「食」を「環境」をないがしろにする社会になってしまったのだろう。
自分のカラダの声をちゃんと聞こうよ。おいしいものを食べる人生を選択しようよ。食べものが単なる「もうけの道具」じゃないんだよ。「いのち」なんだよ。

食の偽装、ここに極まれり。
いくら「これまで健康被害はありません」といったって、信用できないもん。
この構造だったら、たとえじわじわ健康被害を受けていたって、だれも証明できないでしょう。
だから、汚染米のみんなは、そこにつけ込むんでしょ。
「そんなこと言ったって、みんな騒ぐけど、どんな健康被害があったんですか」と開き直る人が出てきそうだよね。

給食も、食品添加物も、農薬も、以前から問題視されていたことばかり。
「そんなこといってたら、なんにも食べるものなくなっちゃう」といって、気にせず疑わしい食品を買うのは「気にする余裕のない人」。
疑わしい食品を作っている人たちは「知っている」ので、実は「食べない」。
結局は、情報優位にある人が、情報劣位にある人たちから、うばっている、のと一緒。
あさましい。

気味の悪い薬品を食べものに混ぜるな!農薬だってそう。
給食だって、変だよ。作っているところを見せられないなんて。
それが文科省の利権になってるなんて。
みんなほんとうに、どんかん、すぎるよ。

ふーん、ちょっと給食関係のネット情報をのぞいてみたけど、日本の給食って不健康。環境負荷も高くて、CO2もいっぱい出してそう。フードマイレージも多いんじゃないかな。今度ちゃんと調べてみよう。

政治家のみなさんは、国政調査権をふるって、「食の倫理」を確立してください。「食の偽装」はもううんざり。
官僚のみなさんは、国政調査権にひるまないで、ちゃんと調査してください。でも過労死しないで。手分けして。特に地方に。権限を全部中央でにぎっていようとするから、そんなことになっちゃうんだから。もっとシンプルに、効率よく、周りのスタッフを信頼して、手分け、手分け。特に、既得権益は手放して。権限は譲渡して。地方へ。ね。

--

 農薬やカビ毒で汚染された事故米の転用問題で、政府は16日、三笠フーズ(大阪市)が出荷した事故米を取り扱った酒造会社や菓子業者など24都府県の375カ所の実名を公表した。しかし、一部の実名で間違いが見つかった。

 内訳は、和菓子製造154社、米菓製造30社、酒造10社、外食5社、事故米が給食として提供された近畿2府4県の病院や老人ホームなど119施設、米穀仲介や販売業者などの中間流通業者50社など。地域別では、宮崎66、大阪63、兵庫63、熊本41の順に多かった。

 農林水産省は、流通自体が食品衛生法違反となる(1)農薬メタミドホス検出の中国産もち米(2)殺虫成分アセタミプリド検出のベトナム産うるち米(3)カビ毒アフラトキシンB1検出のうるち米の流通先の特定を優先的に進めた。(1)は近畿と九州を中心に和菓子や米菓の原料として出荷が確認された。(2)は酒造9社で焼酎や日本酒の原料として、(3)は酒造3社で焼酎原料に、肥料会社1社では肥料に使われていた。

 農水省は当初、相手先の了解が得られた場合のみ業者名を公表してきた。しかし、「業界寄り」との批判を招いたことから実名での公表に切り替えた。福田首相は16日午前、野田・消費者行政担当相に「消費者庁の先行的な実施だ。司令塔としてやってもらいたい」と指示。これを受け、実名公表の記者会見は、農水省、厚生労働省、内閣府の合同で開かれた。

 太田農水相は「長期にわたって横流しを見逃し、結果として食の安全に対する不安を招き責任を痛感している」と農水省の責任を認めた。
    ◇
 政府は農水省のホームページ上でも実名をすぐに公開する予定だった。しかし、記者会見後、発表資料に相次いで訂正個所が見つかり、夜になっても公開できなかった。

(http://www.asahi.com/national/update/0916/TKY200809160082.html 朝日新聞2008年9月16日23時57分)

--

汚染米:三重の3市町で給食卵焼き2万9000食に混入か

 三重県教委は21日、新潟県長岡市のでんぷん製造業「島田化学工業」から仕入れた汚染米が混入した可能性のある「厚焼玉子」「だし巻き玉子」などを同県桑名市、いなべ市、木曽岬町の小中学校・幼稚園の給食に使用していた、と発表した。3市町の56校・園で昨年9月から今年2月まで、延べ約2万9000食が提供されていた可能性があるという。健康被害は報告されていない。

 3市町は島田化学工業からでんぷんを仕入れていた「すぐる食品」(東京都目黒区)から三重県内の卸売業者を通じて給食材料を仕入れており、でんぷんを卵料理のつなぎに使っていた同食品から連絡を受けたという。

 愛知県では汚染米を使用した同食品のオムレツが37市町村で約45万食提供されたことが判明している。

【福泉亮】

【関連記事】
汚染米:兵庫・加西の給食卵焼きにも…小学校など15施設
汚染米:給食オムレツ混入、457校に 愛知35市町村で
汚染米:兵庫・加西市でも学校給食に使用
汚染米:千葉県で学校給食卵焼きに 128校で6万食
汚染米:長野市でも厚焼き卵3万食 26の小中学校で提供
(http://mainichi.jp/select/today/news/20080921k0000e040025000c.html 毎日新聞 2008年9月21日 14時53分)
| - | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:38 | - | - |
コメント









トラックバックURL
http://maekita.jugem.jp/trackback/33
トラックバック